札幌で ヒアルロン酸注射 美人打ち 注入メイク専門サイト

札幌 ル・トロワ ビューティクリニック Vogue

所在地
札幌市中央区大通西1丁目13番地 ル・トロワ 6階
アクセス
札幌市営地下鉄 東豊線『大通駅 24番出口』
JR札幌駅より(地下歩行空間直結)徒歩13分
中央バスターミナルより徒歩4分

完全予約制 0120-17-4871

お問い合わせ

形成外科・美容外科・美容皮膚科
札幌 ル・トロワ ビューティクリニック Vogue(ヴォーグ)

受付時間10:45 ~ 19:30 診療時間11:00 ~ 20:00

劣化を戻す治療

札幌ル・トロワ ビューティクリニックVogue

注入メイクとは

注入メイクメニュー

クリニック紹介

院長BLOG

スタッフBLOG

札幌ル・トロワ ビューティクリニック Vogue

〒060-0042 
札幌市中央区大通西1丁目13番地 ル・トロワ 6階

ご予約・お問い合わせ

0120-17-4871

お問い合わせ

受付時間
10:45 ~ 19:30
診療時間
11:00~20:00
(完全予約制)

[定休日] 不定休
(詳しくはお問合せください)

“加齢による劣化を若い頃の状態に戻す”治療

お肌の劣化、気になっていませんか?

目元のクマ・法令線などのシワ・こめかみのボリューム不足や顔全体のたるみなど、加齢による肌状態の劣化は誰にでも起こり得ます。

注入メイクでは加齢による劣化を改善し、若い頃の顔を再現することができます。

クマについて

「よく寝てもクマがとれなくなってしまった」「クマがあるだけで、疲れて見えて悩んでいる…」そんな方も多いのではないでしょうか?シワと同様に、クマも多くの方が抱えているお悩みの一つです。クマには原因によって種類がわかれます。ご自身に当てはまるものはどの種類なのかを知り、対処や治療の選択にお役立てください。

クマのできる原因は?

血行不良・脂肪によるふくらみ・たるみ・凹み・色素沈着などがあります

クマのできる原因は実に様々で、その要素は大きく分けて3種類あります。それぞれ効果的な治療法も違ってきます。

クマの種類

クマには大きく分けて3つの種類があります

青・赤いクマ 茶色いクマ 黒いクマ

赤クマ・青クマ

赤クマ・青クマの原因は、薄い皮膚と血行不良

目の下の皮膚はとても薄く、顔の他の部分の1/3程度しかありません。また、目の周りには毛細血管が多く存在するため、目の周りの血行不良が生じると黒ずんだ血液が透けて見えて赤・青く見えてしまいます。

血行不良の原因は?

目の下の血行不良は、寝不足・ストレス・目の酷使・冷えなどで引き起こされます。

健康な血液の状態 血行不良の状態
おすすめの治療方法

皮膚の下の筋肉や血管が透けないように、お肌を厚くしてハリ感をもたせることが大切です。

ベビーコラーゲン

茶クマ

茶クマの原因は、色素沈着

紫外線の影響やストレスによる新陳代謝の乱れなどで、メラニン色素が皮膚に沈着して、くすんでしまった状態が茶クマです。お化粧の落としもれなども原因となる場合があるため注意が必要です。

おすすめの治療方法

色素沈着を起しているお肌の肌質改善が必要です。

レブライトのPTPトーニングは、お肌に余計な刺激を与えることなく蓄積したメラニンを少しずつ減らし、色素沈着や肝斑、シミ・くすみなどを改善します。また、真皮層でコラーゲンが促されるため、ハリ感のある明るく透き通った肌へと導きます。

レブライトSIのページへ

黒いクマ

黒クマの原因は、脂肪の突出と皮膚のへこみ

眼窩脂肪の突出でできたふくらみと、その下の皮膚のへこみによって凹凸ができてしまった状態です。

おすすめの治療方法

脂肪のふくらみを除去して皮膚のへこみを埋める事で凹凸を改善させます。

クマ治療症例

60代後半 女性

施術内容:脂肪溶解注射

50代前半 女性

施術内容:ヒアルロン酸+脂肪溶解注射

50代後半 女性

施術内容:ヒアルロン酸+脂肪溶解注射

30代後半 女性

施術内容:ヒアルロン酸+脂肪溶解注射

30代前半 女性

施術内容:ベビーコラーゲン

クマ治療のよくある質問

Q.肌表面のケアだけで、クマが改善することはありますか?
クマの原因は血行不良やメラニン色素の沈着、皮膚のたるみなど、肌の内側の問題です。そのため肌表面のケアだけでは改善することは難しいです。
Q.複数のクマの症状にあてはまるのですが?
クマには赤クマ青クマ・茶クマ・黒クマと種類がありますが、複数のクマの種類が混在して現れることがあります。その場合、複数の治療を組み合わせることで改善することができます。
Q.目のマッサージがクマによいと聞いたのですが?
赤・青クマは血行不良が原因ですから、マッサージで改善する可能性があります。しかし色素沈着が原因の茶クマは、マッサージなどの刺激で悪化してしまう可能性があります。自己流でマッサージすることは控え、目のツボ押しやストレッチで、血行不良の改善やたるみの解消をはかることをおすすめします。
Q.睡眠不足でクマが悪化することはありますか?
赤クマ青クマの一部は睡眠不足が原因で悪化することがありますが、睡眠不足が解消されてもクマが改善されることはありません。皮膚を厚くして筋肉や血管が透けないよう治療していくことが大切です。
Q.20代でも目の下のたるみやクマができることはありますか?また、治療はできますか?
目の下のたるみやクマは、遺伝や骨格の影響で10代でもできてしまう場合があります。 ご年齢に関わらず治療は可能です。
Q.ヒアルロン酸注入部位に凹凸感ができることはありますか?
注入部位に、触れてわかる程度のポコポコとした凹凸感が生じる場合があります。  マッサージを行うことで肌になじみ、目立たなくなります。 (過剰にマッサージを行うとヒアルロン酸の吸収を速めてしまうため、凹凸が生じない場合はお控えください。)
Q.効果はどのくらい持続しますか?
ヒアルロン酸は半年~12か月程度持続し徐々に吸収されて元に戻ります。ベビーコラーゲンの持続期間は初回は半年~12か月程度ですが、繰り返すことでお肌の再生能力が高まり1年以上持続するようになります。脂肪溶解注射・BNLSは半永久的に効果を持続します。